残基(読み)ざんき(英語表記)residue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「残基」の解説

残基
ざんき
residue

V.パレートの社会学の体系理論を構成する基本概念の一つで,行為合理化をはかる理論のなかで,人間の本能に対応する情緒的な部分をいう。彼は人間の行為または社会的事実に2つの要素を見出す。一つは恒常的な部分であり,種々の行為の根底をなす共通な心理的要素であって,これを名づけて残基という。他の一つは種々に変化しうる部分であって,派生体と名づけられる。残基は類別すると次のようになる。 (1) 結合の本能,(2) 集合体の持続,(3) 外部的行為により感情を表現しようとする欲求,(4) 社会性に関連するもの,(5) 個人とその所属物の保全,(6) 性的残基。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「残基」の解説

ざん‐き【残基】

たんぱく質核酸多糖類などの重合体を構成している単量体。多数のアミノ酸ペプチド結合したたんぱく質の分子上で、もとのアミノ酸にあたる部分をアミノ酸残基という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「残基」の解説

残基
ザンキ
residue

ペプチドタンパク質を構成する各アミノ酸単位.【有機化合物において,着目する官能基や部分構造を除いた残りの部分.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android