コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残基 ざんきresidue

翻訳|residue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

残基
ざんき
residue

V.パレート社会学の体系理論を構成する基本概念の一つで,行為合理化をはかる理論のなかで,人間の本能に対応する情緒的な部分をいう。彼は人間の行為または社会的事実に2つの要素を見出す。一つは恒常的な部分であり,種々の行為の根底をなす共通な心理的要素であって,これを名づけて残基という。他の一つは種々に変化しうる部分であって,派生体と名づけられる。残基は類別すると次のようになる。 (1) 結合の本能,(2) 集合体の持続,(3) 外部的行為により感情を表現しようとする欲求,(4) 社会性に関連するもの,(5) 個人とその所属物の保全,(6) 性的残基。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

残基の関連キーワードコバラミンアデノシルトランスフェラーゼタンパク質分解酵素(蛋白質分解酵素)グルコシルトランスフェラーゼプロテインホスファターゼアミロイドベータ蛋白質カップリングシュガーアフィニティーラベルアデノシルコバラミンアラビノガラクタンリシルオキシダーゼプロテインキナーゼカルボキシル末端膵臓ポリペプチドロイシンジッパーペクチンリアーゼアドレノドキシンコンカナバリンAビオチニダーゼα塩基性アミノ酸

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

残基の関連情報