残基(読み)ざんき(英語表記)residue

翻訳|residue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「残基」の解説

残基
ざんき
residue

V.パレートの社会学の体系理論を構成する基本概念の一つで,行為合理化をはかる理論のなかで,人間の本能に対応する情緒的な部分をいう。彼は人間の行為または社会的事実に2つの要素を見出す。一つは恒常的な部分であり,種々の行為の根底をなす共通な心理的要素であって,これを名づけて残基という。他の一つは種々に変化しうる部分であって,派生体と名づけられる。残基は類別すると次のようになる。 (1) 結合の本能,(2) 集合体の持続,(3) 外部的行為により感情を表現しようとする欲求,(4) 社会性に関連するもの,(5) 個人とその所属物の保全,(6) 性的残基。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android