コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンプロイメンタビリティ エンプロイメンタビリティ

2件 の用語解説(エンプロイメンタビリティの意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

エンプロイメンタビリティ

「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということではなく、エンプロイメンタビリティには、良好な職場環境やキャリア支援の提供、説得力のあるビジョンなど、働き手のやりがいを喚起する総合的な企業の魅力が反映されます。
2012/10/29掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集の解説

エンプロイメンタビリティ

・employmentability
・企業の雇用能力のこと。従業員に対する企業の求心力として作用するもので、雇用される側からみて、企業が魅力的であるか、継続的に雇用されたいかといった点に効果的に作用する企業の能力。高い賃金といった面だけでなく、職場環境や従業員のキャリア支援、中長期的なビジョン等が該当する。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンプロイメンタビリティの関連キーワードデプロイメントポータビリティアカウンタビリティ社エンプロイアビリティスタビリティープロバビリティーメンタリティー携帯電話番号ポータビリティーメタスタビリティー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone