コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンプロイメンタビリティ エンプロイメンタビリティ

2件 の用語解説(エンプロイメンタビリティの意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

エンプロイメンタビリティ

「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということではなく、エンプロイメンタビリティには、良好な職場環境やキャリア支援の提供、説得力のあるビジョンなど、働き手のやりがいを喚起する総合的な企業の魅力が反映されます。
2012/10/29掲載)

出典|『日本の人事部』
人事労務用語辞典について | 情報

人材マネジメント用語集の解説

エンプロイメンタビリティ

・employmentability
・企業の雇用能力のこと。従業員に対する企業の求心力として作用するもので、雇用される側からみて、企業が魅力的であるか、継続的に雇用されたいかといった点に効果的に作用する企業の能力。高い賃金といった面だけでなく、職場環境や従業員のキャリア支援、中長期的なビジョン等が該当する。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
人材マネジメント用語集について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone