コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーテボリ Göteborg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーテボリ
Göteborg

スウェーデン南西部,エーテボリオクブーフス県の県都。スウェーデン第2の都市。 1619年グスタフ2世アドルフの命により,オランダの建築家たちが設計した町。古くはオランダ人,イギリス人,ドイツ人などが定住し,都市計画に参画した。特にオランダ様式の影響は,運河や市中央部に今日も残る。 18世紀の初期,スウェーデンの東インド会社の隆盛に伴い,さらに,1806年に始るナポレオンの大陸封鎖時代の交易の中心地となるに及び,エーテボリの商業的重要性は急速に高まった。スウェーデン最大の海港でもあり,毎年 600万tの荷の積降ろしが行われる。ボールベアリング,自動車 (ボルボ社) ,織物,食料品の生産のほか造船も盛んで,ヒシンゲン島にはスウェーデン最大の造船所がある。文化教育施設としては海洋博物館,レース美術館,総合大学 (1891) ,工科大学,商科大学,商船大学などがあり,南西スウェーデン文化の中心。人口 43万 2112 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エーテボリ
えーてぼり

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エーテボリの関連キーワードグスタフ・B. ストレーンベリーB.G.D. ストレームグレンペール・グスタフ ジレンハマースヴェン・ゴラン エリクソングスターボ・ドゥダメルフランク フレデリクスノルデンショルドサックスドルフカルルスタードテッシン(大)ストックホルムトゥホルスキーカールグレンカルル10世カッシーラーイェータ運河ベーネルン湖アスプルンドイエーテボリカテガト海峡

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android