商船大学(読み)しょうせんだいがく

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうせん‐だいがく シャウセン‥【商船大学】

〘名〙 高等船員の養成を目的として、船舶の航海、機関に関する高度の学術技芸を授ける国立の大学。東京および神戸にあったが、平成一五年(二〇〇三)前者は東京水産大学と統合して東京海洋大学となり、後者は神戸大学と統合して、その海事科学部となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の商船大学の言及

【商船学校】より

…航海士,機関士などの船舶職員を養成する学校の総称。1984年現在,東京,神戸の2商船大学が高級の船舶職員を,富山,鳥羽,広島,大島(山口県),弓削(ゆげ)(愛媛県)の5商船高等専門学校が中級の船舶職員を養成している。いずれも国立である。…

※「商船大学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android