オアマル(英語表記)Oamaru

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニュージーランド南島南東岸の都市。人口1万2693(2001)。ワイタキ川右岸の平地にあり、1853年牧羊地として開かれ、今日、小麦栽培で知られる。19世紀初頭までは捕鯨船の風待ち港として利用された。1872年の港湾改修後、オタゴ地方北部の港町として発展した。[浅黄谷剛寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android