コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捕鯨船 ほげいせんwhale catcher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

捕鯨船
ほげいせん
whale catcher

キャッチャーボートともいう。クジラ捕獲に従事する快速船。沿岸で捕獲を行う比較的小型のものと,捕鯨母船とともに船団を成し遠洋へ出漁するものがある。後者の場合は一般に船長 40~65m,500~700総tのディーゼル機関船で,船首捕鯨砲,高い見張り用マスト,船首の綱繰台などを備え,外洋性の荒い波浪に耐える船体と,機敏な運動性能をもつ。なお,母船式捕鯨が始る 20世紀初頭までは鯨油の採油装置,貯蔵タンクを備えていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

捕鯨船【ほげいせん】

キャッチャーボートのこと。俗には捕鯨母船を含めていうこともある。
→関連項目漁船

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほげいせん【捕鯨船】

捕鯨業で直接クジラをとる船。キャッチャーボートcatcher boatともいう。キャッチャーボートの大きさは南極海の母船式捕鯨に参加する800トン型のものから,近海捕鯨に従事する200~350トン型のものがある。さらに小型クジラを対象としている小型捕鯨業においては50トン以下の船も使用されている。性能面では,クジラを追尾し,これを捕獲するために高速力と旋回性能が要求される。大型のキャッチャーボートでは最大19ノット程度の速力をもち,日本から南極海まで補給なしで航行できる航続能力を備えている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほげいせん【捕鯨船】

鯨をとるための特別の装置・用具を備えつけた船。普通、捕鯨砲を備えたキャッチャー-ボートをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の捕鯨船の言及

【漁船】より

…また,92年には和船の改良型として長さ11mのヤンノー型が出現した(その後の日本の漁船史については後に詳述する)。
[漁船の特徴]
 127トン未満のサケ・マス流し網漁船がベーリング海,500トン未満のマグロ漁船がニュージーランド沖およびアフリカ沖,800トン級の捕鯨船が南氷洋へ出漁するように,漁船は小型の割合に航行範囲が広く,一般船のような特定の航路をもたない。このため荒天に遭遇することが多いので,十分な復原性,耐航性が必要である。…

【独航船】より

…母船に付属して漁業を行う漁船をいい,母船にのせずに日本の基地から漁場に独航することから生じた名称である。各種の母船式漁業には独航船が付属しているが,母船式捕鯨業においては捕鯨船(キャッチャーボート)とよばれている。母船式サケ・マス流し網漁業における独航船は1船団に43隻付属しているが,すべて124トン型である。…

※「捕鯨船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

捕鯨船の関連キーワードジョン(中濱)万次郎(1827~98)中濱万次郎(1827―98)パールアンドハーミーズ環礁中浜(ジョン)万次郎エンダービーランドシー・シェパードスターバック島シーシェパード清兵衛(3)キャンベル島六兵衛(2)ダンディー島フロレアナ島長助(2)有川鯨組唄大城のぼる伝蔵(2)ヌクヒバ島中浜万次郎辰蔵(3)

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

捕鯨船の関連情報