オイゲン シュタイナハ(英語表記)Eugen Steinach

20世紀西洋人名事典の解説

オイゲン シュタイナハ
Eugen Steinach


1861 - 1944
オーストリアの生理学者。
元・ウィーン大学教授。
プラハのドイツ大学生理学教授を経て、1912年ウィーン大学アカデミー生物学研究所の生物学部長となり、’19年ウィーン大学教授に就任した。’20年若返り法として性管結紮法を提唱し、ネズミを使って実験した。その手術は一時世界的に流行したが、人体に応用した場合動物実験ほどの効果がないとの説が多くなり、行われなくなった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android