オウレンシダ(読み)おうれんしだ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オウレンシダ
おうれんしだ / 黄連羊歯・渓洞碗蕨
[学]Dennstaedtia wilfordii (Moore) Christ

コバノイシカグマ科の夏緑性シダ。葉は淡緑色でほとんど無毛。胞子嚢(ほうしのう)群は葉縁につく。水湿地を好み、谷川に沿った岩場に多い。東アジアに広く分布し、日本では北海道から九州にかけて生育する。[栗田子郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android