谷川(読み)タニガワ

デジタル大辞泉 「谷川」の意味・読み・例文・類語

たに‐がわ〔‐がは〕【谷川】

谷間を流れる川。渓流
[類語]渓流小川細流せせらぎ河川大河大江江河大川おおかわ大川たいせん山川流れ川面水面どぶ川氷河川面かわづら

たにがわ[列車]

上越新幹線で運行されている特別急行列車愛称。平成9年(1997)運行開始。東京越後湯沢冬季はガーラ湯沢)駅間などを結ぶ。2階建て車両E4系が使用される際の名称は「Maxマックスたにがわ」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「谷川」の意味・読み・例文・類語

たに‐がわ‥がは【谷川】

  1. 〘 名詞 〙 谷間を流れる川。渓流。
    1. [初出の実例]「大君の三笠の山の帯にせる細谷川(ほそたにがは)の音のさやけさ」(出典万葉集(8C後)七・一一〇二)

たにがわたにがは【谷川】

  1. ( 「たにかわ」とも ) 姓氏の一つ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「谷川」の意味・わかりやすい解説

谷川[温泉] (たにがわ)

群馬県北部,利根郡みなかみ町にある温泉谷川岳南麓,利根川の支流谷川と保登野(ほどの)沢との出合いに湧出する。泉質はボウ硝泉,泉温43~60℃。谷川岳の登山口であるため登山者の利用多く,付近に国設谷川岳ホワイトバレー・スキー場がつくられたことから,冬季もにぎわう。上越線水上駅から約2km。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の谷川の言及

【山南[町]】より

…加古川中流域にあり,町域の大部分を山林が占めるが,加古川上流佐治川と篠山(ささやま)川の合流点付近の低地には水田が広がる。中心集落は谷川で,福知山線と加古川線の交点にあたる。伝統的な地場産業として釣具,薬草,割りばし,檜皮(ひわだ)などの生産がある。…

※「谷川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android