コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオジャコガイ おおじゃこがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオジャコガイ

シャコガイ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオジャコガイ
おおじゃこがい / 大
giant clam
[学]Tridacna gigas

軟体動物門二枚貝綱シャコガイ科の二枚貝。二枚貝類のなかで最大となり、殻長1.4メートル、重量230キログラムに達する。沖縄以南の西太平洋サンゴ礁の潮間帯から水深30メートルぐらいの所に腹縁を上に向けてすんでいる。殻は横長の扇形で、殻表には数本の太い放射肋(ろく)があり、腹縁はそれに従って大きく波打っている。殻表は灰白色で斑紋(はんもん)はなく、成長脈も粗い。幼若期には足糸があるが、老成したものにはない。外套膜(がいとうまく)縁に共生性の単細胞藻類ズーサンテラZooxantellaを寄生させているため、外套膜がカラフルな点は他のシャコガイ類と同様である。肉量は多く、閉殻筋などは食べられる。また殻は深く巨大なため、産地では水盤などの調度に利用されている。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオオジャコガイの言及

【シャコガイ(硨磲貝)】より

…シャコガイ科シャコガイ属Tridacnaの5種の二枚貝の総称であるが,とくにオオジャコガイを指すこともある(イラスト)。この仲間は大型で熱帯太平洋やインド洋のサンゴ礁にすむ。…

※「オオジャコガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オオジャコガイの関連キーワードシャコガイ(硨磲貝)外套膜硨磲貝