オオバコ科(読み)おおばこか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオバコ科
おおばこか
[学]Plantaginaceae

双子葉植物、合弁花類。一年草、越年草または多年草であるが、低木もある。葉は普通は根際につきロゼット状に広がるが、茎上に対生または互生するものもある。花は両性で、穂状または頭状花序をなし密生する。萼(がく)は4裂、花冠は合弁で4ないし3裂し、雄しべは4または2本ある。子房は上位につき、1~4室、果実は(さくか)で横に裂ける。世界に約3属270種が温帯に広く分布し、日本にはオオバコ属のみが知られる。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオバコ科の関連情報