コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合弁/合辦 ゴウベン

3件 の用語解説(合弁/合辦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごう‐べん〔ガフ‐〕【合弁/合×辦】

外国資本と国内資本が提携して共同で事業を経営すること。

ごう‐べん〔ガフ‐〕【合弁/合×瓣】

花弁が合着していること。⇔離弁

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごうべん【合弁】

国籍の異なった複数の企業が事業を行うために共同で出資すること。このようにして設立された会社が合弁会社joint ventureである。企業が外国に進出して事業を行う場合,単独でこれを行うことが少なくない。たとえば支店を設置したり,自社が資本金を全額出資して現地法人を設立することができる。しかし,こうした方式によらず,進出先の国の企業と共同出資を行い新企業を設立することが合弁である。 合弁会社を設立する理由は多様である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

合弁/合辦の関連キーワード範囲の経済合弁会社国籍の抵触ジョイントベンチャー共同出資取得企業年金連合会事業分離パッケージライセンスポートフォリオ運用

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone