両性(読み)リョウセイ

デジタル大辞泉 「両性」の意味・読み・例文・類語

りょう‐せい〔リヤウ‐〕【両性】

雄性雌性男性女性。「両性花」
二つの異なった性質。「両性化合物」
[類語](1男女雌雄性別セックスジェンダー性的同性異性

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「両性」の意味・読み・例文・類語

りょう‐せいリャウ‥【両性】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 男性と女性。雄性と雌性。
    1. [初出の実例]「男女の間には愛情といふものが天然と出る仕掛になってゐて、此天産物の脂が両性(リャウセイ)の間を和げて、軋轢(きしり)を遏(と)めること請合の妙楽に出来て」(出典:二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中)
  3. 二つの相異なった性質。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「両性」の意味・わかりやすい解説

両性
りょうせい
bisexuality

通常の生物の雌性と雄性または接合藻類のように2つの性が存すること。一つ個体に両性が現れる場合には,雌雄同体現象 hermaphroditismとして取扱う。また両性のそれぞれ形質についてある個体で中間的な性形質を示すときは間性 intersex,俗に半陰陽という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android