オジェシュコーワ(英語表記)Orzeszkowa, Eliza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1841.5.25. ミウコフシュチズナ
[没]1910.5.18. グロドノ
ポーランドの女流作家。旧姓 Pawłowska。愛国的,進歩的家庭に育ち,早くから社会問題に目を向け,女性問題,ユダヤ人問題,農民問題,貧民問題などを文学作品に取上げて形象化した。『ワツワワの日記』 Paniętnik Wacławy (1871) ,『パン・グラバ』 Pan Graba (72) ,『マルタ』 Marta (73) のほか,大作『ネマン川のほとり』 Nad Niemnem (89) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android