コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オスロエネ王国 オスロエネおうこくKingdom of Osroëne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オスロエネ王国
オスロエネおうこく
Kingdom of Osroëne

北西メソポタミアに存在した古代の王国。チグリス,ユーフラテス両川の間,現トルコとシリアの境界線上に位置した。首都はエデッサ (現トルコのウルファ) 。オスロエネの名は前 136年頃王国を創始したオルハイのオスロエスに由来する。彼はイラン人であったらしいが,その後王家はアラブ人の手に移った。軍事,交易の要衝に位置し,前1世紀から2世紀頃にかけてはローマとパルティアとの戦いの間に立って勢力を保ったが,116年にローマのトラヤヌス帝がメソポタミアに遠征した際,オスロエネ王アブガル2世が廃位され,ローマの臣従国となった。その後,216年にカラカラ帝がエデッサを占領し,王国自体を滅ぼした。オスロエネ地方は 608年にはササン朝ペルシアのホスロー2世に,638年にはイスラム教徒に占領された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android