オックスファム(英語表記)Oxfam

翻訳|Oxfam

大辞林 第三版の解説

オックスファム【Oxfam】

〖Oxford Committee for Famine Relief〗
世界各地の貧窮者のための救済機関。1942 年発足。本部オックスフォード。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

オックスファム

1942年英国で設立。発展途上国の食糧・自立支援、政策提言などに取り組む。17カ国・地域に拠点があり、日本では2003年に発足した。オックスファムは設立都市のオックスフォードとファミン(飢饉(ききん))の合成語

(2013-11-14 朝日新聞 朝刊 筑後 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

オックスファム

戦争によって飢餓状態にあったギリシア国民の救援のため,1942年英国オックスフォードの住民が設立したオックスフォード飢餓救済委員会の後身。1965年現名に改称。第2次大戦後は,難民に対する緊急援助の他,発展途上国では農村開発プロジェクト,先進国では開発教育に取り組んでいる。英国・アイルランド・米国の各オックスファムが個別に経済社会理事会NGO資格を取得している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オックスファムの関連情報