救援(読み)きゅうえん

精選版 日本国語大辞典「救援」の解説

きゅう‐えん キウヱン【救援】

〘名〙
① 困難な状況にある者に力を添えてたすけること。加勢。援助。
※続日本紀‐天平宝字三年(759)一一月辛未「勅坂東八国〈略〉、押領速相救援」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉三「隣国之儀兼て救援は私にても御助合可仕」 〔蜀志‐宗預伝〕
海難に遭遇中の船舶になお乗船中の乗組員に協力して、その占有に属し、またはその処分権内にある船舶や貨物を救うこと。海難によって乗組員が離船した後で船舶や乗組員を救う「救助」と区別する場合がある。〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「救援」の解説

きゅう‐えん〔キウヱン〕【救援】

[名](スル)困難な状況や危険に陥っている人を助けること。「救援の手を差し伸べる」「被災者を救援する」「救援投手

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android