コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オッチギン odčigin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オッチギン
odčigin

モンゴル語で「末子」を意味する。本来はトルコ語で,文字どおりには「火の主人」を意味し,古く末子が父の家に残って炉に象徴される財産を相続したことから始る。人名としては,チンギス・ハンの同母弟テムゲ・オッチギン Temüge Odčiginをさす。彼は生没年未詳で,東モンゴルおよび満州に分地を受け,子孫が多かった。元朝の滅亡後,その子孫は明朝から泰寧衛の官職を与えられ,吉林省北西隅のタオアル河畔に遊牧していた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オッチギンの関連キーワードイェスゲイ(也速該)ナヤン(乃顔)フビライ・ハンモンゴル語

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android