コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルコ語 トルコごTurkish language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルコ語
トルコご
Turkish language

オスマンリ語ともいう。トルコ共和国公用語で,その話し手は約 4000万人。さらに,キプロス,旧ソ連その他にも 270万人ぐらいいるとみられ,チュルク諸語のなかで最も有力な言語。音韻面では8母音が,舌と唇と顎の母音調和の点で整然とした体系をなす。文法では膠着語の典型を示す。語順は日本語に酷似。語彙では,アラビア語ペルシア語借用語が多い。文字はアラビア文字を使っていたが,1928~29年ケマル・アタチュルクの文字改革によりローマ字に替えた。同時に外来語を排し,トルコ語で代替する運動を起した。方言的には,標準語の基礎をなしているイスタンブールアンカラの都市方言に対し,ドナウ方言,アナトリア方言がある。歴史的には,11世紀のセルジューク時代のアナトリア・チュルク文語,14世紀からのオスマン・トルコ文語を経て発達してきたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トルコ語【トルコご】

トルコ共和国の国語で,チュルク諸語に属する。発達した母音調和と,簡単で規則的な膠着(こうちゃく)語的文法構造を特色とする。14世紀ころのオスマン帝国時代からアラビア文字による文献を多く残しているが,1928年のケマル・アタチュルクの改革に伴ってローマ字正書法が採用された。
→関連項目ルーマニア語ローマ字

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トルコご【トルコ語 Turkish】

狭義ではトルコ共和国の言語をさし,広義ではアジア大陸,ヨーロッパ大陸に広く分布するチュルク諸語をさす。トルコ語を母語とする者は,トルコ共和国に1990年現在で約5195万人(共和国の人口の約92%),ブルガリア,ルーマニアギリシア,旧ユーゴスラビアなどにも少数いる。また1960年代西ドイツの約200万人をはじめ,オランダ,サウジアラビアなどに多数のトルコ人が流入している。チュルク諸語のなかでは,アゼルバイジャン語トルクメン語に近い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トルコご【トルコ語】

トルコ共和国の公用語。アルタイ諸語のチュルク諸語に属する。1928年の文字改革によってアラビア文字からローマ字表記に移行。なお、広義にはチュルク諸語全体をさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界の主要言語がわかる事典の解説

トルコご【トルコ語】

チュルク諸語の一つで、トルコの公用語。周辺のブルガリア、ルーマニア、ギリシアのほか、ドイツ、サウジアラビアなどのトルコ人移民の間でも話される。話者数は6000~7500万人。歴史的には、オスマントルコ時代の言語(オスマン語)をもとに、トルコ共和国の成立(1923年)後、アラビア文字からラテン文字への表記法の変更、語彙(ごい)の改変(アラビア語ペルシア語からの借用語の削減、新語彙の創作やフランス語などからの借用)などが行われて成立した。言語的には、厳格な母音調和や膠着語的な構造を特徴とする。

出典 講談社世界の主要言語がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トルコ語
とるこご
Osman Turkish

トルコ共和国(人口およそ6800万人)の言語。以前はオスマン・トルコ語とよばれ、トルコ系諸言語のなかの有力な一員である。トルコ系諸言語は東シベリアから中央アジア一帯に広く分布し、互いに親縁関係を有し、トルコ語族を形づくる。トルコ語は、その南方語派に属していて、アゼルバイジャン語などと近い関係にある。
 トルコ共和国の成立(1923)後、それまで使っていたアラビア・ペルシア文字による表記法をやめ、1928年からローマ字による正書法を用いている。8個の母音(ぼいん)字と21の子音字は、よくトルコ語の音素を反映しているから、文字と発音を学ぶのに苦労が少なくてすむ。トルコ語には母音調和とよばれる母音配列の制限があり、とくに前舌母音i,,,eと後舌母音,u,o,aが対立する。たとえば、kedi「ネコ」の複数形はkedilerであるのに対し、koyun「ヒツジ」の複数形はkoyunlarのように、語形変化の全般にわたって母音調和の支配力が及ぶ。
 トルコ語は形態のうえからいうと、典型的な膠着(こうちゃく)語である(日本語は膠着語とはいいがたい)。語形変化は、語幹に語尾や接尾辞(接頭辞はない)がいくつもつくことができ、しかもそれぞれの境目がはっきりしている膠着的手法によって行われる。不規則変化はきわめて少ない。たとえば、ev「家」は、evin「家の」、eve「家へ」、evi「家を」、evde「家で・に」、evden「家から・より」のように規則的に変化する。また、bildirilmediという語は、bil-(「知る」の語根。単独で使用すれば命令の「知れ」)、-dir「使役」、-il「受身」、-me「否定」、-di「完了」からなり、「知らせられなかった」を意味する。文の構造も日本語によく似ている。主語で始まり、述語(動詞)で終わる。修飾語は被修飾語に先だち、自立語は付属語に先だつ。目的語のあとに動詞がくるなどの諸点である。[竹内和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトルコ語の言及

【アルタイ諸語】より

…トルコ語などチュルク語族の諸言語,モンゴル語などモンゴル語族の諸言語,満州語などツングース語族の諸言語の総称。これらの諸言語が互いに親族関係にあってアルタイ語族をなすとの説が有力で,さらに朝鮮語や日本語をも含めた親族関係が問題にされることがある。…

【膠着語】より

…この際に語根と接辞は屈折語の場合に比べてその結合が緩やかであって,おのおのが自己の形式を常に保っており,両者が融合してしまうようなことはない。この特徴をよく示す例としてトルコ語や,アフリカのバントゥー諸語などがあげられる。例えばトルコ語の語形ülkelerinizdenはülke〈国〉に‐ler(複数),‐(i)niz〈君たちの〉(二人称複数所有形),‐den〈~から〉という三つの接尾的要素が膠着してできている形で,〈君たちの国々から〉の意味である。…

【数】より

…このように〈複数〉の意味内容は言語によって異なるし,複数形のあらわれが一定の文法的・意味的条件によって制限されている場合もある。たとえば英語では可算名詞について2,3,4…等の数詞がつく場合,eight booksのように,必ずその名詞(book)は複数形(books)をとるが,トルコ語では数詞が先行する場合は複数を示す接尾辞を伴わないのが普通であり,sekiz kitapとなる(sekizは〈8〉,kitapは〈本〉。なおこれに複数接尾辞がつく場合は,kitaplarとなる)。…

【チュルク諸語】より

…広い意味のトルコ語。狭い意味のトルコ語がトルコ共和国語をさすのに対して,トルコ共和国語を含めて,アジア大陸,ヨーロッパ大陸に広く分布する同族のトルコ系諸言語のすべてをさす。…

【母音調和】より

…しかし向格語尾〈…の方へ〉では,asztal‐hez〈テーブルの方へ〉,ajtó‐hoz〈ドアの方へ〉,tükör‐höz〈かがみの方へ〉と,非円唇用‐hez,円唇後舌用‐hoz,円唇前舌用‐hözと3種類が用意されていて,ここに非円唇と円唇という円唇性の規準が母音調和に加わっている。 アルタイ系のトルコ語の母音では,前舌性と円唇性の規準特徴が厳しく守られている。トルコ語は前舌非円唇/i,e/,前舌円唇/ö,ü/,後舌非円唇/ı[ɯ],a/,後舌円唇/o,u/の8母音をもっている。…

※「トルコ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トルコ語の関連キーワードシェムセッディン・サーミーアリー・シール・ナバーイーハンマー・プルクシュタルヒエラポリス=パムッカレチャハール・アイマークテブフィク・フィクレトユヌス・エムレアホン(阿渾)バング・カウプオスマンリ語アルタイ諸語BURCINカラクム砂漠ウズンギョルアトメイダヌイエニチェリウチヒサールオルホン碑文ガガウズ語ヤイラーク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トルコ語の関連情報