オッテルロー(読み)おってるろー(英語表記)Willem van Otterloo

日本大百科全書(ニッポニカ)「オッテルロー」の解説

オッテルロー
おってるろー
Willem van Otterloo
(1907―1978)

オランダの指揮者。チェロと作曲を学び、ユトレヒト市立管弦楽団のチェロ奏者を経て、1937年同楽団の主席指揮者となる。49年から72年までハーグ・レジデンティ管弦楽団の常任指揮者を務め、この楽団をアムステルダムコンセルトヘボウ管弦楽団に次ぐオランダ第二のオーケストラに育て上げた。72年以後、シドニー交響楽団指揮者、デュッセルドルフ歌劇場音楽総監督を歴任。読売日本交響楽団の招きで66年(昭和41)に初来日して以来、同楽団にしばしば客演、同楽団の名誉指揮者に推された。じみな芸風だったが、ドイツ音楽を重厚に表出できた指揮者の一人であった。

[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android