オットー・P.H. ディールス(英語表記)Otto Paul Hermann Diels

20世紀西洋人名事典の解説

オットー・P.H. ディールス
Otto Paul Hermann Diels


1876.1.23 - 1954.3.7
ドイツの有機化学者。
元・キール大学教授。
ハンブルク生まれ。
父はベルリン大学教授で、1899年ベルリン大学のE.フィッシャーのもとで学位を取得。同大学教授を経て、1916年キール大学教授となり、’48年まで務めた。この間、’06年亜酸化炭素を発見したほか、’28年より助手アルダーとともに着手したディールス・アルダー反応と呼ばれるジエン合成の方法を大成し、’50年これらの業績によりアルダーとノーベル化学賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android