コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オッペル Albert Oppel

2件 の用語解説(オッペルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オッペル【Albert Oppel】

1831‐65
ドイツの地質学・古生物学者。ミュンヘン大学教授(1861‐65)。ヨーロッパ各地(ドイツ,イギリスフランス)に分布する中生代ジュラ紀の地層を詳しく研究し,《ジュラ紀層Die Juraformation Englands,Frankreichs und des Südwestlichen Deutschlands》(1856‐58)を出版した。その中で,地層が,中に含まれるアンモナイトなどの化石の種によって細かく区分でき,またその化石によって広い地域の同じ時代の地層が,岩質が違っていても対比しうることを示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オッペル
おっぺる
Albert Oppel
(1831―1865)

ドイツの地質・古生物学者。ホーヘンハイムに生まれる。チュービンゲン大学クウェンシュテットFriedrich August Quenstedt(1809―1889)に師事した。1861年ミュンヘン大学の教授兼古生物博物館長となる。中生代ジュラ紀の地層対比のため、ヨーロッパ各地を旅行し、化石の種の違いによってジュラ紀の地層を細分化し、それぞれの地質が若干の化石種で特徴づけられることに注目して化石帯という概念を提起した。[大森昌衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オッペルの関連キーワード古生物学先史学地質学矢部長克古生物ブラウンス大村一蔵ゴッチェ神保小虎湊正雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone