オッペル(英語表記)Albert Oppel

世界大百科事典 第2版の解説

オッペル【Albert Oppel】

1831‐65
ドイツの地質学・古生物学者。ミュンヘン大学教授(1861‐65)。ヨーロッパ各地(ドイツ,イギリス,フランス)に分布する中生代ジュラ紀の地層を詳しく研究し,《ジュラ紀層Die Juraformation Englands,Frankreichs und des Südwestlichen Deutschlands》(1856‐58)を出版した。その中で,地層が,中に含まれるアンモナイトなどの化石の種によって細かく区分でき,またその化石によって広い地域の同じ時代の地層が,岩質が違っていても対比しうることを示した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オッペル
おっぺる
Albert Oppel
(1831―1865)

ドイツの地質・古生物学者。ホーヘンハイムに生まれる。チュービンゲン大学でクウェンシュテットFriedrich August Quenstedt(1809―1889)に師事した。1861年ミュンヘン大学の教授兼古生物博物館長となる。中生代ジュラ紀の地層対比のため、ヨーロッパ各地を旅行し、化石の種の違いによってジュラ紀の地層を細分化し、それぞれの地質が若干の化石種で特徴づけられることに注目して化石帯という概念を提起した。[大森昌衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

オッペル

生年月日:1831年12月19日
ドイツの地質学者,古生物学者
1865年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android