コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オナン Onan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オナン
Onan

創世記』 (38・4~10) に出てくるユダ次男。長男エルの死後習慣に従ってその妻タマルのところに入ったが,生れる最初の男の子に死んだ兄の名を継がせるという律法 (申命記 25・5~6) に反発して,子を得させまいと精液を地に漏したために (ここから「オナニー」の語が生れる) 神に殺されたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オナンの関連キーワードナンバンギセル(南蛮煙管)広西チワン(壮)族自治区広西(チワン族自治区)タオナン(洮南)市マオナン(毛南)族ノートル・ダム楽派カミンズ・エンジンスケリッグマイケルチワン(壮)族セントポーリアエアプランツスイ(水)族イロコイ同盟シラキュースルオ(洛)河レオニヌスイロコイトン族自慰

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android