コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフィオプルテウス幼生 オフィオプルテウスようせいophiopluteus larva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オフィオプルテウス幼生
オフィオプルテウスようせい
ophiopluteus larva

クモヒトデ類 (棘皮動物) の幼生。袋状体と口とを取巻いて骨格によって支えられた8本の長い腕が二重に配列している。腕は大きく開く。消化管は黄白色。成長とともに骨格が吸収され,海底に沈むと口を下にして静止し,肛門がなくなり変態して成体になる。プランクトン中に普通にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android