オブジェクトコード(読み)おぶじぇくとこーど

デジタル大辞泉の解説

オブジェクト‐コード(object code)

コンピューターの自動プログラミング用の言語で、アセンブラーコンパイラーなどによって翻訳され、機械語で表されたプログラム。オブジェクトプログラム。目的プログラムネイティブプログラムネイティブコード。→ソースコードネイティブアプリケーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

オブジェクトコード【object code】

プログラミング言語で記述されたプログラムを、コンパイラーアセンブラーなどでコンピューターが直接実行できる形式(機械語)に変換したもの。⇔ソースコード ◇「オブジェクトプログラム」「ネイティブコード」「ネイティブプログラム」「目的プログラム」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android