コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オブジェクトコード おぶじぇくとこーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オブジェクトコード

コンパイラーを使用し、プログラムを使用するコンピューターに合った機械語に変換したもの。オブジェクトプログラムとも呼ばれる。なお、変換前のプログラムは、ソースコードやソースプログラムと呼ばれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オブジェクト‐コード(object code)

コンピューターの自動プログラミング用の言語で、アセンブラーコンパイラーなどによって翻訳され、機械語で表されたプログラム。オブジェクトプログラム。目的プログラムネイティブプログラムネイティブコード。→ソースコードネイティブアプリケーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

オブジェクトコード【object code】

プログラミング言語で記述されたプログラムを、コンパイラーアセンブラーなどでコンピューターが直接実行できる形式(機械語)に変換したもの。⇔ソースコード ◇「オブジェクトプログラム」「ネイティブコード」「ネイティブプログラム」「目的プログラム」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

オブジェクトコードの関連キーワードオブジェクトモジュールバイナリーフォーマットオブジェクトファイルインタプリター型言語インタープリタ型言語インタープリター言語エグゼクティブ言語コンパイラー言語GNUライセンスコンパイルエラークロスアセンブラバイナリーデータインタプリター逆コンパイラー逆アセンブラープログラム言語逆アセンブル逆コンパイルSwiftアセンブル

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android