オブジェクトコード(読み)おぶじぇくとこーど

デジタル大辞泉の解説

オブジェクト‐コード(object code)

コンピューターの自動プログラミング用の言語で、アセンブラーコンパイラーなどによって翻訳され、機械語で表されたプログラム。オブジェクトプログラム。目的プログラムネイティブプログラムネイティブコード。→ソースコードネイティブアプリケーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

オブジェクトコード【object code】

プログラミング言語で記述されたプログラムを、コンパイラーアセンブラーなどでコンピューターが直接実行できる形式(機械語)に変換したもの。⇔ソースコード ◇「オブジェクトプログラム」「ネイティブコード」「ネイティブプログラム」「目的プログラム」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android