コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オブジェクトコード おぶじぇくとこーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オブジェクトコード

コンパイラーを使用し、プログラムを使用するコンピューターに合った機械語に変換したもの。オブジェクトプログラムとも呼ばれる。なお、変換前のプログラムは、ソースコードやソースプログラムと呼ばれる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オブジェクト‐コード(object code)

コンピューターの自動プログラミング用の言語で、アセンブラーコンパイラーなどによって翻訳され、機械語で表されたプログラム。オブジェクトプログラム。目的プログラムネイティブプログラムネイティブコード。→ソースコードネイティブアプリケーション

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

オブジェクトコード【object code】

プログラミング言語で記述されたプログラムを、コンパイラーアセンブラーなどでコンピューターが直接実行できる形式(機械語)に変換したもの。⇔ソースコード ◇「オブジェクトプログラム」「ネイティブコード」「ネイティブプログラム」「目的プログラム」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

オブジェクトコードの関連キーワードバイナリーフォーマットオブジェクトモジュールオブジェクトファイルインタープリター言語インタープリタ型言語インタプリター型言語エグゼクティブ言語コンパイラー言語コンパイルエラークロスアセンブラバイナリーデータGNUライセンス逆アセンブラー逆コンパイラープログラム言語インタプリター逆アセンブル逆コンパイルSwiftアセンブル

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android