オブラートに包む(読み)オブラートニツツム

デジタル大辞泉の解説

オブラートに包(つつ)・む

相手を直接的に刺激するような表現を避け、遠回しな言い方をする。「―・んで発言する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

オブラート に=包(つつ)む[=くるむ]

(比喩的に) 人を強く刺激するような表現を避けて、遠まわしな言い方をすることをいう。オブラートでくるむ。
※贅沢貧乏(1960)〈森茉莉〉「見せかけの涙や温情のオブラアトで包(クル)んでゐる厭みもない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる