コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森茉莉 モリマリ

5件 の用語解説(森茉莉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もり‐まり【森茉莉】

[1903~1987]小説家・随筆家。東京の生まれ。森鴎外の長女。鴎外の思い出をつづった「父の帽子」で日本エッセイストクラブ賞を受賞。他に小説「恋人たちの森」「甘い蜜(みつ)の部屋」、随筆「靴の音」「贅沢(ぜいたく)貧乏」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

森茉莉【もりまり】

小説家,随筆家。東京生れ。森鴎外の長女。2度の結婚生活の後に,室生犀星に師事し文筆活動に入る。鴎外追想の随筆《父の帽子》(1957年)で第5回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。
→関連項目小堀杏奴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森茉莉 もり-まり

1903-1987 昭和時代後期の小説家,随筆家。
明治36年1月7日生まれ。森鴎外(おうがい)の長女。フランス文学者山田珠樹(たまき),医学者佐藤彰との2度の結婚は破局におわった。昭和32年「父の帽子」で日本エッセイスト・クラブ賞をうけて文壇に登場。昭和62年6月6日死去。84歳。東京出身。仏英和高女卒。作品に小説「恋人たちの森」「甘い蜜(みつ)の部屋」,随筆「私の美の世界」など。
【格言など】文壇にはいつもヒューマニズムの砦があり,善良な人間でなくては入れない門が締っている

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

もりまり【森茉莉】

1903~1987) 小説家・随筆家。東京生まれ。鷗外の長女。鷗外追憶の記「父の帽子」以後、華麗で官能的な耽美の世界を描く。「恋人たちの森」「甘い蜜の部屋」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森茉莉
もりまり
(1903―1987)

小説家、随筆家。森鴎外(おうがい)の長女。東京生まれ。旧制仏英和高等女学校卒業。1933年(昭和8)ごろより与謝野寛(よさのひろし)夫妻主宰の『冬柏(とうはく)』などに随筆、演劇時評を書く。鴎外の思い出をつづった処女随筆集『父の帽子』(1957)で日本エッセイスト・クラブ賞を受ける。『靴の音』(1958)、『贅沢(ぜいたく)貧乏』(1963)などを続刊。また小説『恋人たちの森』(1961)、『甘い蜜(みつ)の部屋』(1965~75)など、彫心鏤骨(るこつ)の文章による華麗な幻想的世界を繰り広げた。[田中美代子]
『『森茉莉・ロマンとエッセー』全6巻(1982・新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森茉莉の関連キーワード梶山季之仁木悦子藤原審爾山田克郎川上宗薫折目博子楠田匡介小林美代子咲村観若杉慧

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森茉莉の関連情報