コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オブレノビッチ Miloš Obrenović

1件 の用語解説(オブレノビッチの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オブレノビッチ【Miloš Obrenović】

1780‐1860
近代セルビアオブレノビッチ王家創設者。セルビア公(1815‐39,58‐60)。貧農の生れで家畜を扱う商人となり,オスマン帝国に対する第1次セルビア蜂起に参加した。1815年に第2次蜂起を指導。現実主義的なオブレノビッチは第1次蜂起の失敗から教訓を引き出し,反乱を起こすと同時にオスマン政府との交渉を続けた。ナポレオン戦争終結後の国際情勢も幸いし,15年末に公として認められ,セルビアは30年に正式な自治を獲得し国際的にも承認された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のオブレノビッチの言及

【セルビア】より

…結局,頼みとしたロシアの支援を受けることができず,11年に及ぶ蜂起はオスマン軍によって鎮圧される。2年後の1815年,第1次蜂起にも参画したやはり家畜商人のミロシュ・オブレノビッチを指導者とする第2次セルビア蜂起が生じた。ミロシュはナポレオン戦争後の国際情勢を巧みに利用して,自治を求める現実主義的な政策を採り,オスマン帝国との粘り強い交渉のすえ,1830年に完全な自治を承認された。…

※「オブレノビッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オブレノビッチの関連キーワードセルビアサルビアブルーセルビアモンテネグロオプレナツセルビア正教大聖堂リュビツァ妃の邸宅あの血まみれの男は誰だ?ゼルビーセルビアン・トリコロール・ハウンドオブレイ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone