コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オブレノビッチ Miloš Obrenović

世界大百科事典 第2版の解説

オブレノビッチ【Miloš Obrenović】

1780‐1860
近代セルビアのオブレノビッチ王家創設者。セルビア公(1815‐39,58‐60)。貧農の生れで家畜を扱う商人となり,オスマン帝国に対する第1次セルビア蜂起に参加した。1815年に第2次蜂起を指導。現実主義的なオブレノビッチは第1次蜂起の失敗から教訓を引き出し,反乱を起こすと同時にオスマン政府との交渉を続けた。ナポレオン戦争終結後の国際情勢も幸いし,15年末に公として認められ,セルビアは30年に正式な自治を獲得し国際的にも承認された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のオブレノビッチの言及

【セルビア】より

…結局,頼みとしたロシアの支援を受けることができず,11年に及ぶ蜂起はオスマン軍によって鎮圧される。2年後の1815年,第1次蜂起にも参画したやはり家畜商人のミロシュ・オブレノビッチを指導者とする第2次セルビア蜂起が生じた。ミロシュはナポレオン戦争後の国際情勢を巧みに利用して,自治を求める現実主義的な政策を採り,オスマン帝国との粘り強い交渉のすえ,1830年に完全な自治を承認された。…

※「オブレノビッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オブレノビッチの関連キーワードアレクサンダル・オブレノビッチ5世ミロシュ・オブレノビッチ1世カラジョルジェ・ペトロビッチミラン・オブレノビッチ4世カラジョルジェビッチ家リュビツァ妃の邸宅セルビア正教大聖堂ユーゴスラビア史オブレノビッチ家リスティッチコソボの戦い8月22日ペタル1世8月2日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android