コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オペレーションツイスト operation twist

デジタル大辞泉の解説

オペレーション‐ツイスト(operation twist)

中央銀行が長期証券の買い操作(あるいは売り操作)と短期証券の売り操作(あるいは買い操作)を同時に行うことにより、通貨の供給量は変えないで長・短期の金利を逆の方向に動かす操作。ツイストオペ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

オペレーションツイスト【operation twist】

中央銀行による公開市場操作の一。長期証券に対する買い(売り)操作と、短期証券に対する売り(買い)操作とを同時に行うことによって、通貨供給を一定に保ちながら長期と短期の金利を互いに反対方向へ動かすこと。1960年代初期にアメリカで行われた。 → 公開市場操作

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

オペレーションツイストの関連キーワード二重金利政策公開市場操作国債管理