コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オボイ(鼇拝) オボイOboi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オボイ(鼇拝)
オボイ
Oboi

[生]?
[没]康煕8(1669)?
中国,清初の満州人政治家。グワルギヤ氏出身の 鑲黄旗満州旗人。開国の功臣フイヨンドン (費英東) の一族。太宗のときにニルジャンギンであり,ドルゴンのもとで軍功を立てたが,順治帝の親政とともに重用され議政大臣となった。順治9 (1652) 年に二等公となり,帝が没すると遺詔によって幼い康煕帝の輔政四大臣にソニン (索尼) スクサハ (蘇克薩哈) エビルン (遏必隆) とともに任じられた。そのなかでもオボイは専横であり,康煕3 (64) 年には飛揚古父子を刑死させ,同5年には圏地の交換に反対した総督朱昌祚,巡撫王登聯,戸部尚書蘇納海を康煕帝の決定を無視して刑死させた。さらにオボイに対抗する力のあったスクサハが,康煕帝の親政を機に引退を願うと,その罪 24条を数えて,帝の反対にもかかわらず極刑に処した。同8年,このように専横をきわめたオボイを帝は宮中で捕えさせ,30条の罪を数えて獄につなぎ,やがて死を賜わった。のち同 52年にその名誉が回復された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オボイ(鼇拝)の関連キーワードスクサハ(蘇克薩哈)エビルン(遏必隆)ソニン(索尼)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android