コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順治帝 じゅんちてい Shun-zhi-di; Shun-chi-ti

6件 の用語解説(順治帝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

順治帝
じゅんちてい
Shun-zhi-di; Shun-chi-ti

[生]崇徳3(1638).1.30.
[没]順治18(1661).1.7. 北京
中国,清朝の第3代皇帝 (在位 1643~61) 。名は福臨。臆菴道人と号する。諡は章皇帝。廟号は世祖。年号は順治。ホンタイジ (皇太極) の第9子で,父帝の没後,諸王会議でドルゴン (多爾袞) らに推され,6歳で即位した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅんち‐てい【順治帝】

[1638~1661]中国、朝の第3代皇帝。在位1643~1661。名は福臨。廟号(びょうごう)は世祖。太宗の第9子。燕京(北京)に遷都、の残存勢力を鎮定して全土の統一に努め、清朝の中国支配の基礎を固めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

順治帝【じゅんちてい】

中国,清朝第3代の皇帝(在位1643年―1661年)。廟号(びょうごう)は世祖。第2代太宗の第9子。幼少で即位したため叔父ドルゴンが輔政となり,以後,中国本土進出,北京遷都など清朝草創期の重要事業はドルゴンが行った。
→関連項目康煕帝ドルゴン(多爾袞)緑営

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんちてい【順治帝 Shùn zhì dì】

1638‐61
中国,清朝第3代(入関後第1代)の皇帝。在位1643‐61年。諱(いみな)は福臨,廟号が世祖。睿親王ドルゴンの補佐の下,北京の李自成政権を打倒し,南方の明の亡命政権をも制圧して,明王朝に代わる清王朝の基礎を固めた。1651年(順治8)以後,親政した。漢人官僚を利用して漢民族支配を進める一方,満州族の辮髪を漢民族に強制し,また江南の税糧滞納者を処分するなど,異民族支配のために断乎たる姿勢でのぞんだ。【小野 和子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅんちてい【順治帝】

1638~1661) 中国、清の第三代皇帝(在位1643~1661)。名は福臨。廟号びようごうは世祖。北京に遷都、清朝の中国支配の基礎を固めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

順治帝
じゅんちてい
(1638―1661)

中国、清(しん)朝第3代皇帝(在位1643~61)。太宗(たいそう)ホンタイジの第9子。名はフリン、諡(おくりな)は章皇帝、廟号(びょうごう)は世祖(せいそ)。年号をもって順治帝という。1643年、太宗の死後、その弟睿親王(えいしんおう)ドルゴンに擁立され5歳で即位した。1644年3月、明(みん)が李自成(りじせい)らの内乱によって滅亡したことを契機に、清は明の将軍呉三桂(ごさんけい)の救援要請をいれて山海関(さんかいかん)(河北省北東)を越え、4月、李自成を北京(ペキン)から駆逐した。同年9月、順治帝は盛京(せいけい)(瀋陽(しんよう))から北京に遷都し、ここに中国の皇帝となった。順治年間における政治課題の中心は中国支配の確立にあった。軍事面では明の残存勢力の一掃を図るとともに、各地の農民反乱を平定し、郷村秩序の回復を目ざした。また内政面では儒教主義を尊重し、明の官僚機構や科挙制度をほぼ踏襲して読書人層の懐柔を図った。このことは、旧体制の維持を望む漢人支配者階級の支持するところとなり、清朝の中国支配を安定化させる要因となった。[山本英史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

順治帝の関連キーワード永璘江戸幕府鎌倉幕府光緒帝宣統帝雍正帝愛新覚羅溥儀英宗清朝弩爾哈斉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone