オマルル(英語表記)Omaruru

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オマルル
Omaruru

ナミビア中西部の町。ウィントフーク北西約 180km,標高 1213mの高地に位置。 19世紀中頃ヘレロ族がこの地に進出,1889年ドイツ軍が駐屯開始。 1904年ヘレロ族の抵抗があったが鎮圧された。牧畜中心地で,酪製品の製造,取引が盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android