オリブ山(読み)おりぶやま(英語表記)Mount of Olives

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オリブ山
おりぶやま
Mount of Olives

エルサレムの東側にギデロンの谷を隔てて、エルサレム旧市街の城壁と対峙(たいじ)する山で、中央・南パレスチナを南北に走る山脈の一部である。標高800メートル前後。山脈は三つの頂をもち、東側はエリコ、ヨルダン渓谷に向かって急傾斜し、西側はケデロンの谷への斜面をなす。山脈の北頂はスコパス山とよばれて標高814メートル。現在そこにはヘブライ大学が建っている。『新約聖書』の「使徒行伝」によれば、当時の山は全体がオリーブに覆われていたが、現在は西麓(せいろく)のイエス受難の地とされるゲツセマネの園を除いてオリーブはほとんどみられない。「イエスの昇天教会」をはじめ、イエス・キリストの地上生活における最後の関係地とされ、多くの聖跡がある。[秋輝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android