オリュンピウス(英語表記)Olympius

世界大百科事典 第2版の解説

オリュンピウス【Olympius】

?‐412ころ
西ローマ政府の高官。黒海地方出身で,ホノリウス帝治下にスティリコを介して宮廷官職を得る。同帝とスティリコの間に生じた不和を利して,軍隊の間に反スティリコ・反ゲルマン気運を高め,スティリコ処刑に至らしめた(408年8月)。その後,書記官長(マギステル・オフィキオルム)として一時西ローマ政府で勢力を振るったが,アラリック王麾下の西ゴートとの交渉における不首尾により失脚ダルマティアに逃れていたが,412年ころ,スティリコを尊敬していた将軍コンスタンティウスの命で処刑された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android