コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリュンピウス Olympius

1件 の用語解説(オリュンピウスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オリュンピウス【Olympius】

?‐412ころ
西ローマ政府の高官。黒海地方出身で,ホノリウス帝治下にスティリコを介して宮廷官職を得る。同帝とスティリコの間に生じた不和を利して,軍隊の間に反スティリコ・反ゲルマン気運を高め,スティリコ処刑に至らしめた(408年8月)。その後,書記官長(マギステル・オフィキオルム)として一時西ローマ政府で勢力を振るったが,アラリック王麾下の西ゴートとの交渉における不首尾により失脚。ダルマティアに逃れていたが,412年ころ,スティリコを尊敬していた将軍コンスタンティウスの命で処刑された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

オリュンピウスの関連キーワードテオフィロス広開土王ユニコーン企業富士山レンジャーシミエン国立公園日本医師ジョガーズ連盟利根軌道スルジ山履行遅滞アンブレラ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone