不首尾(読み)フシュビ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]《「ぶしゅび」とも》
最後がうまくいかないこと。また、そのさま。「不首尾に終わる」「不首尾な交渉結果」⇔上首尾
気受け・評判のよくないこと。また、そのさま。「上司に不首尾な社員」
首尾一貫しないこと。また、そのさま。
「―ナ事ヲ申ス」〈日葡
好ましくないこと。ぐあい・体裁の悪いこと。不都合。
「そのやうな―な所へ行く事は嫌でおりゃる」〈和泉流狂・察化〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)(「ぶしゅび」とも)
① 首尾の悪いこと。物事の終始が一貫しないこと。また、そのさま。
※日葡辞書(1603‐04)「Fuxubina(フシュビナ) コトヲ マウス」
② 事のなりゆきが思わしくないこと。結果が悪いこと。また、そのさま。不成功。
※俳諧・天満千句(1676)一「草履取先行着に暮の月〈如見〉 宿の不首尾を告る虫の音〈利方〉」
③ 具合の悪いこと。体裁の悪いこと。また、そのさま。不都合。
※評判記・色道大鏡(1678)四「ぶしゅびならぬやうにしてぜひともふるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不首尾の関連情報