コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不首尾 フシュビ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐しゅび【不首尾】

[名・形動]《「ぶしゅび」とも》
最後がうまくいかないこと。また、そのさま。「不首尾に終わる」「不首尾な交渉結果」⇔上首尾
気受け・評判のよくないこと。また、そのさま。「上司に不首尾な社員」
首尾一貫しないこと。また、そのさま。
「―ナ事ヲ申ス」〈日葡
好ましくないこと。ぐあい・体裁の悪いこと。不都合。
「そのやうな―な所へ行く事は嫌でおりゃる」〈和泉流狂・察化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふしゅび【不首尾】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
よい結果が得られない・こと(さま)。不成功。 ⇔ 上首尾 「 -に終わる」
評判の悪い・こと(さま)。不人気。 「 -になる」
物事の終始が一貫しない・こと(さま)。 「 -ナコトヲ申ス/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

不首尾の関連キーワードガマ(Vasco da Gama)フェルディナンド2世[ナポリ王]ステファヌス2世(3世)バングラデシュ独立戦争バスチャン・ルパージュ土屋善四郎(初代)コリント人への手紙ゴンクール(兄弟)保守党[イギリス]ヴァン・リードペラギウス2世オリュンピウス近衛 秀麿ゼルーアルユーイングやも知れずダミッシュドミニック福地桜痴ルベリエ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android