オルデンテルセイラジサンフランシスコ教会(読み)オルデンテルセイラジサンフランシスコキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

オルデンテルセイラ‐ジ‐サンフランシスコ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【オルデンテルセイラジサンフランシスコ教会】

Igreja da Ordem Terceira de São Francisco》ブラジル東部、バイーア州の都市サルバドールの旧市街にある教会。18世紀初頭に建造されたバロック様式の教会で、砂岩製のファサードの精緻な彫刻が有名。回廊の壁面などは、ポルトガルから輸入したアズレージョという青いタイルが用いられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android