サンフランシスコ教会(読み)サンフランシスコキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

サンフランシスコ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【サンフランシスコ教会】

Igreja de São Francisco》ポルトガル中南部の都市エボラの旧市街にある教会。15世紀から16世紀にかけて建造され、ゴシック様式とマヌエル様式が混在する。5000体もの人骨を壁や柱に埋め込んだ人骨堂がある。エボラ大聖堂ロイオス教会ディアナ神殿などとともに、城壁に囲まれた旧市街全体が1986年に「エボラ歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。
Igreja de São Francisco》ポルトガル北西部の港湾都市ポルトの旧市街にあるゴシック様式の教会。14世紀に修道院の付属教会として建造。17世紀の改装で、ターリャドウラーダ(金泥細工)によるバロック様式の豪華な内部装飾が施された。1996年、ポルト大聖堂クレリゴス教会ボルサ宮殿などとともに、これらの歴史的建造物を含む旧市街が「ポルトの歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。
Iglesia de San Francisco》エクアドルの首都キトの旧市街にある教会。16世紀の建造で、南米最古の教会建築の一。1987年の大地震で倒壊したが、後に再建。先住民出身の彫刻家による十二使徒像があり、南アメリカにおけるキリスト教美術の一派、キト派の拠点となった。同教会を含む旧市街は、1978年に「キト市街」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録。
Basílica de San Francisco》ボリビア西部の都市ラパスの旧市街にある教会。最初の建物は、16世紀半ばに建造されたが倒壊。17世紀に再建されて、現在見られるバロック様式の建物になった。精緻な浮き彫りが施されたファサードと黄金の祭壇をもつ。キリスト教布教の歴史などを紹介する博物館を併設。
Iglesia de San Francisco》ボリビア中南部の都市スクレの市街中心部にある教会。16世紀に建造。白い外壁と二つの鐘楼、および美しいアーチで知られる。
Iglesia de San Francisco》ボリビア南部の都市ポトシにある教会。16世紀半ばにフランチェスコ修道会により創建。18世紀初頭に改修され、現在の建物になった。ポトシ最古の教会として知られる。
Iglesia de San Francisco》コロンビアの首都ボゴタの旧市街にある教会。16世紀半ばから17世紀半ばにかけて建造。地震による被害を受け再建。内部に金の装飾を施した豪華な祭壇がある。ボゴタ最古の教会として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android