コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルビエートのドゥオーモ オルビエートのドゥオーモ

1件 の用語解説(オルビエートのドゥオーモの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

オルビエートのドゥオーモ【オルビエートのドゥオーモ】

イタリア中部、首都ローマの近郊にある「世界一美しい丘上都市」とも呼ばれるオルビエート(Orvieto)市街中心部の広場(ドゥオーモ広場)に建つ、3つの尖塔のあるゴシック様式の壮麗な大聖堂(ドゥオーモ)。ゴシック期を代表する建物の一つである。「聖母マリアの被昇天」に捧げられた教会で、1290年に「ボルセーナの奇跡」の聖遺物を奉るために着工し、1600年に完成した(ただし、モザイク制作は18世紀まで続いた)。当初ロマネスク様式の建物として計画されたが、ゴシック様式に変更された。建築には3人の建築家、152人の彫刻家、90人のモザイク制作者、68人の画家が携わった。内部には、ミケランジェロの代表作「最後の審判」(システィーナ礼拝堂)に影響を与えたルカ・シニョレッリ(Luca Signorelli、1445頃~1523年)のフレスコ画のほか、フラ・アンジェリコ(Fra Angelico、1387~1455年)などのフレスコ画がある。◇正式名称を「聖母被昇天大聖堂(La Cattedrale dell'Assunta)」という。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone