コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルビエートのドゥオーモ オルビエートのドゥオーモ

1件 の用語解説(オルビエートのドゥオーモの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

オルビエートのドゥオーモ【オルビエートのドゥオーモ】

イタリア中部、首都ローマの近郊にある「世界一美しい丘上都市」とも呼ばれるオルビエート(Orvieto)市街中心部の広場(ドゥオーモ広場)に建つ、3つの尖塔のあるゴシック様式の壮麗な大聖堂(ドゥオーモ)。ゴシック期を代表する建物の一つである。「聖母マリアの被昇天」に捧げられた教会で、1290年に「ボルセーナの奇跡」の聖遺物を奉るために着工し、1600年に完成した(ただし、モザイク制作は18世紀まで続いた)。当初ロマネスク様式の建物として計画されたが、ゴシック様式に変更された。建築には3人の建築家、152人の彫刻家、90人のモザイク制作者、68人の画家が携わった。内部には、ミケランジェロの代表作「最後の審判」(システィーナ礼拝堂)に影響を与えたルカ・シニョレッリ(Luca Signorelli、1445頃~1523年)のフレスコ画のほか、フラ・アンジェリコ(Fra Angelico、1387~1455年)などのフレスコ画がある。◇正式名称を「聖母被昇天大聖堂(La Cattedrale dell'Assunta)」という。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オルビエートのドゥオーモの関連キーワードコッローディソリンパラティーノの丘ビラ・アドリアーナフィエーゾレポポロ門ローマの七丘ローマの泉ローマの祭りローマ[市]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone