オースティン オリバー(英語表記)Austin Oliver L.

20世紀日本人名事典の解説

07の鳥学者 元・GHQ天然資源局野外生物担当官。



国籍
アメリカ

生年
1903年5月24日

没年
1988年12月31日

出生地
ニューヨーク

学歴〔年〕
コネティカット大学卒

学位〔年〕
Ph.D.(ハーバード大学)〔’31年〕卒

経歴
ハーバード大学比較動物博物館に入り、「ラブラドル鳥類」で鳥学で初の学位取得。1929年ケープコッドに医師の父とともに鳥類研究所を設立。第2次大戦中は海軍士官として従軍、戦後韓国勤務ののち、’46〜49年日本に赴任しGHQ天然資源局(NRS)野外生物担当官となる。在任中、日本の鳥類調査を行い、また日米オットセイ・海鳥調査を指揮、カスミ網猟禁止、狩猟法改正、バードデー設置、鳥類保護連盟の設立等を勧告し、戦後日本の鳥獣行政に貢献。帰国後、晩年にはフロリダ博物館鳥類部長を務めた。著書に「韓国の鳥類」(’48年)、「日本の鳥類」(共著 ’53年)、「世界の鳥類」(’61年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android