コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーノア夫人 オーノアふじんMarie‐Catherine Le Jumel de Barneville,comtesse d’Aulnoy

世界大百科事典 第2版の解説

オーノアふじん【オーノア夫人 Marie‐Catherine Le Jumel de Barneville,comtesse d’Aulnoy】

1650ころ‐1705
フランスの童話作家。16歳で50歳近い貴族と結婚。しかし賭博好きで放蕩者の夫を追い払おうと,まもなく母親と共に夫を偽りの不敬罪で告発するが,逆に陰謀が露見し,フランスを逃げ各地を転々とした。1685年パリに戻った彼女はサロンを開く一方,《スペイン宮廷の記録》(1690)などの宮廷秘話,旅行記や,波瀾に富んだ恋愛小説《イポリット》(1690)を発表し,文学的才能を示した。96年から99年にかけて出版された《仙女物語》をはじめとする8巻の童話集は,子どもばかりかおとなにも大好評で,シャルル・ペローの童話集と共に仙女物語の流行を生んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーノア夫人
オーノアふじん

ドーノア夫人」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android