オーノア夫人(読み)オーノアふじん(英語表記)Marie‐Catherine Le Jumel de Barneville,comtesse d’Aulnoy

  • オーノア夫人 MarieCatherine Le Jumel de Barneville,comtesse d’Aulnoy

世界大百科事典 第2版の解説

1650ころ‐1705
フランスの童話作家。16歳で50歳近い貴族と結婚。しかし賭博好きで放蕩者の夫を追い払おうと,まもなく母親と共に夫を偽りの不敬罪で告発するが,逆に陰謀が露見し,フランスを逃げ各地を転々とした。1685年パリに戻った彼女はサロンを開く一方,《スペイン宮廷の記録》(1690)などの宮廷秘話,旅行記や,波瀾に富んだ恋愛小説《イポリット》(1690)を発表し,文学的才能を示した。96年から99年にかけて出版された《仙女物語》をはじめとする8巻の童話集は,子どもばかりかおとなにも大好評で,シャルル・ペローの童話集と共に仙女物語の流行を生んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android