中川(読み)なかがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中川
なかがわ

埼玉県と東京都の東部,関東平野の中部を流れる川。全長 84km。埼玉県羽生市北方の利根川から分流し,南東流して幸手市付近から南流,松伏町で古利根川,吉川市で元荒川と合流,東京都に入って,新中川放水路を分けてのち,中川放水路となって東京湾に注ぐ。かつての利根川の流路で,上流部は島川,中流部は庄内古川,下流部は古利根川の流路にもあたっている。古くから氾濫を繰返し,江戸時代以降たびたび改修された。流域の農業用水源であるほか,工業用水としても取水される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なか‐がわ【中川】[地名]

埼玉県羽生市で利根川から分かれ、南東流して東京都に入り、荒川放水路沿いに流れて東京湾に注ぐ川。上流は古利根川とよぶ。長さ約80キロ。
名古屋市の区名。工業地帯で、旧中川を開削した中川運河貫流

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

中川【なかがわ】

利根川の分流。埼玉県羽生(はにゅう)市で利根川から分かれ南流する。上流はかつての利根川の本流で古(ふる)利根川と呼ばれ,早場米地帯をなす。下流は東京都東部を流れ,本流(旧中川)は綾瀬川を合わせて荒川放水路に合流,この地点から中川放水路(中川)が分流し,荒川放水路(荒川)に沿って東京湾に注ぐ。1963年葛飾(かつしか)区高砂で本流から分かれ旧江戸川に合する新放水路(新中川)が完成。
→関連項目三郷[市]吉川[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかがわ【中川】

利根川の旧流路。近世以前の利根川の流路の下流部にあたり東京湾に注ぐ。旧利根川筋は埼玉県北東部の羽生市付近から埼玉県,東京都の東部を流れ東京湾に注ぐ延長84kmで,上流を会の川,中流を古利根川,下流を中川という。それぞれの範囲は明確ではないが,《新編武蔵国風土記稿》には,主として現在の埼玉県内は古利根川,東京都内は中川となっており,明治期の地形図にもこれを裏づける表記がみられる。しかし,今日では古利根川と支流の庄内古川との合流点より下流部を中川と呼ぶことはもちろん,さらに庄内古川とその上流域をも含めて中川と呼んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なかがわ【中川】

姓氏の一。

なかがわ【中川】

埼玉県東部を南流し、東京湾に注ぐ川。近世初頭、利根川を銚子方面へ東流させるまでの利根川の流路。上流を古利根川という。下流は荒川沿いを南流し東京湾へ入る。
京都市上京区、鴨川と桂川との間を並行して流れていた京極川のこと。⦅歌枕⦆ 「ながれての水に頼みてこしかども我わが-はあせにけらしも/蜻蛉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県(東京都・山梨県)〕中川(なかがわ)


埼玉県北東部から東京都東部を流れる川。埼玉県羽生(はにゅう)市で利根(とね)川から分水、南東流して東京都葛飾(かつしか)区で荒(あら)川下流部と並流し東京湾に注ぐ。下流で新(しん)中川を分流する。1級河川(利根川水系)。延長84km。上流部は古(ふる)利根川、中流部は庄内古(しょうないふる)川ともいう。上・中流は利根川の旧流路で、低地と自然堤防が錯綜(さくそう)する。かつて下流は蛇行が激しく、「七曲がり」とよばれた。現在の下流域一帯は地盤沈下が著しく、ゼロメートル地帯をなす。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中川
なかがわ

埼玉県東部の低地を貫流し、東京湾に注ぐ川。一級河川。流路延長約81キロメートル。一般に上流は古利根川(ふるとねがわ)、庄内(しょうない)古川を含めた漠然としたものであるが、行政的には羽生(はにゅう)市街の南東部を上流端とする。越谷(こしがや)市西部の松伏(まつぶし)付近で古利根川を合流、さらに吉川(よしかわ)市で元荒川をあわせて南下し、八潮(やしお)市を通って東京都葛飾(かつしか)区四つ木付近で荒川に合し、荒川沿いを放水路で南下し、東京湾に注ぐ。一部は葛飾区青戸付近で本流と分かれ、長さ7.8キロメートルの新放水路によって江戸川本流に合流し東京湾に注ぐ。この新放水路を新中川とよんでいる。流路は、かつての利根川下流の三角州部分にあたるため、また大都市河川として大規模な改修がされているため、きわめて複雑である。[中山正民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

なか‐がわ ‥がは【中川】

[1] 〘名〙
① 三つある川の中間のもの。
② 香木の名。分類は真南蛮(まなばん)。香味は苦酸甘鹹。六十一種名香の一つ。特に古くから京極道誉所持の名香として知られる。
※蔭凉軒日録‐文正元年(1466)閏二月七日「中河者自京極道誉出之香也」
[2]
[一] 京都市上京区、鴨川と桂川との中間を流れていた京極川のこと。今出川の下流部。相国寺の東側を南流、今出川通を左折してから寺町通に右折し、二条通で鴨川に注いでいた。歌枕
※蜻蛉(974頃)下「この月もやまずふりくらがりて、この中がはも大川もひとつにゆきあひぬべくみゆれば」
[二] 利根川の分流。埼玉県羽生市付近で本流から分かれ、江戸川の西側を並行して南流し、東京都東部で東京湾に注ぐ。上流部の埼玉県では古利根川と呼ばれる。東京都葛飾区高砂付近で新中川が分かれる。全長約八〇キロメートル。
[三] 北海道中央部、上川支庁の郡。天塩(てしお)川中流域の山間地。明治二年(一八六九)天塩国の一郡として成立。同四三年上川支庁の所属となる。
[四] 北海道中南部、十勝支庁の郡。十勝川の中流域にある。明治二年(一八六九)十勝国の一郡として成立。
[五] 名古屋市の行政区の一つ。昭和一二年(一九三七)成立。市南西部にある。東部は中川運河沿いの工業地域。中・西部は住宅地域。

なかがわ なかがは【中川】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中川の関連情報