コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーバーアマーガウ Oberammergau

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーバーアマーガウ
おーばーあまーがう
Oberammergau

ドイツ南部、バイエルン州にある村。人口5300(1993)。アルプスから流れ出すアマー川の沖積地に立地し、かつて中世には、イタリアと北ドイツを結ぶ交易路にあたり、荷の積替え地として繁栄した。現在、夏は避暑、冬はウィンタースポーツでにぎわう観光地。木彫細工が盛んで、国立木彫専門学校がある。1633年のペストの流行から免れたのを感謝して、翌34年以来、10年ごとに村をあげてキリスト受難劇が演じられることで有名。美しいフレスコ壁画をもつ民家が多いことでも知られる。[石井英也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オーバーアマーガウの関連キーワードエッタール修道院キリスト教文学リンダーホフ城宗教劇トーマ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android