コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーライ!ニッポン会議 おーらいにっぽんかいぎ

2件 の用語解説(オーライ!ニッポン会議の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

オーライ!ニッポン会議

2003年6月に発足した「都市と農山漁村の共生・対流推進会議」の略称。02年9月に設置された「都市と農山漁村の共生・対流に関するプロジェクトチーム」の議論から生まれた組織。略称の意図は、「都市と農山漁村を人々が活発に『往来』し、双方の生活文化を楽しむことで、日本が all right (健全)になること」にある。同年、連合を基礎に「100万人のふるさと回帰」を掲げるNPO法人ふるさと回帰支援センターが発足した。いずれの動きも、「2地域居住」や「農のあるライフスタイル」を目指す新しい動きに対応している。特に団塊の世代が大量に退職し始める2007年以降の雇用やゆとりある暮らしといった観点から期待が寄せられている。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農林水産関係用語集の解説

オーライ!ニッポン会議

都市と農山漁村の共生・対流を国民的な運動として展開するために、市町村NPO、企業、個人等が集まって平成15年6月に設立された「都市と農山漁村の共生対流推進会議」(代表:養老孟司氏)の通称。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーライ!ニッポン会議の関連キーワード漁村オーライ!ニッポン会議景観法女性の参画目標都市と農山漁村の共生・対流農林漁業の体験等を介した交流農山漁村留学受入れ阪急ホールディングス山田民雄オーライ!ニッポン会議国民的景観法強制対流都市と農山漁村の共生・対流農林漁業の体験等を介した交流農山漁村留学受入れチタケ堀越久甫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オーライ!ニッポン会議の関連情報