コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイザルのものはカイザルに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイザルのものはカイザルに

新約聖書『マタイによる福音書』 (22・21) に「カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返しなさい」とある。この聖句は唯一神の絶対性を主張するキリスト教ローマ皇帝の至上権に妥協したものと解釈されている。だが逆にいえば,いかなる政治的権威も及びえない聖域があることを主張したともいえる。したがって後代においてこの聖句は聖俗それぞれの側から,独自の権利を主張するために利用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カイザルのものはカイザルにの関連キーワード新約聖書

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android