コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイゼルスラウテルン カイゼルスラウテルンKaiserslautern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイゼルスラウテルン
Kaiserslautern

ドイツ西部,ラインラントファルツ州の都市。ルートウィヒスハーフェンの西約 50km,ライン左岸のファルツ山地にある。8世紀後半にはカロリング朝の王の居城があった。 1158年神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世 (赤髯王) が築城し,1276年帝国直轄都市となり,以後この地方の政治,文化の中心地。ザールラントとライン河谷を結ぶ交通の要地で,20世紀初頭から鉄鋼,綿織物ミシンなどの工業生産も盛ん。南西約 20kmに自然公園ファルツワルトがある。人口9万 9351 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone