コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイローリ Benedetto Cairoli

世界大百科事典 第2版の解説

カイローリ【Benedetto Cairoli】

1825‐89
イタリアの政治家。1848年の独立戦,53年のミラノ蜂起,59年の独立戦,そして60年の千人隊シチリア遠征など,リソルジメント(イタリア統一)運動に活発にかかわる。61年以降はイタリア王国下院議員として議会内左派に属し,イレデンティズモ(未回収地回復運動)に努力する。76年に左派政権が成立した後2回首相をつとめる。その生涯はリソルジメント運動左派がたどった軌跡の典型的なもののひとつである。【柴野 均】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カイローリの関連キーワード産業革命史(年表)ホイットニーボワソナードムニクー岩漿クリューガーニコライ[1世]アレクサンドルサン=シモンニコライ1世

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カイローリの関連情報