コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウンターテレスコープ counter telescope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カウンターテレスコープ
counter telescope

数本のガイガー=ミュラー計数管を並べたものを吸収層と交互に数段配置して同時計数法で荷電粒子の通過を検出する装置。ガイガー=ミュラー計数管の代りにシンチレーションカウンターチェレンコフ計数器も使用される。宇宙線検出や素粒子実験に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android