コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウンターパーチェス かうんたーぱーちぇすcounter purchase

3件 の用語解説(カウンターパーチェスの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

カウンターパーチェス

輸出の見返りとして義務付けられた、相手国産品の買い付けのこと。外貨不足に悩む国では、海外から機械、設備などを輸入する際、外貨がないため、輸出国側に自国産品を買い取ってもらい、それによって代金決済をすることがある。輸出した貨物と全く関係性を持たない相手国産品の買い付けを求められることもあるし、輸出した技術・プラント・機械から生産された製品の買い取りを義務付けられることもある。通常は前者をカウンターパーチェスと呼び、後者は生産物分与方式(PS方式=production sharing)あるいは、買い戻し方式(buy back)という。

(永田雅啓 埼玉大学教授 / 松尾寛 (株)三井物産戦略研究所副所長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

大辞林 第三版の解説

カウンターパーチェス【counterpurchase】

輸出相手国の製品を輸入することを付帯条件として、プラント輸出の契約などを結ぶこと。見返り輸入。 CP 。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone