コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウンターパーチェス かうんたーぱーちぇすcounter purchase

知恵蔵の解説

カウンターパーチェス

輸出の見返りとして義務付けられた、相手国産品の買い付けのこと。外貨不足に悩む国では、海外から機械、設備などを輸入する際、外貨がないため、輸出国側に自国産品を買い取ってもらい、それによって代金決済をすることがある。輸出した貨物と全く関係性を持たない相手国産品の買い付けを求められることもあるし、輸出した技術・プラント・機械から生産された製品の買い取りを義務付けられることもある。通常は前者をカウンターパーチェスと呼び、後者は生産物分与方式(PS方式=production sharing)あるいは、買い戻し方式(buy back)という。

(永田雅啓 埼玉大学教授 / 松尾寛 (株)三井物産戦略研究所副所長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

カウンターパーチェス(counterpurchase)

見返り輸入。プラントなど大型商品の輸出に際し、輸出金額の一定割合を定めて相手国商品を購入すること。CP

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カウンターパーチェス【counterpurchase】

輸出相手国の製品を輸入することを付帯条件として、プラント輸出の契約などを結ぶこと。見返り輸入。 CP 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カウンターパーチェスの関連キーワードプラント輸出見返り輸入契約

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android