カクストン版(読み)カクストンばん

百科事典マイペディアの解説

カクストン版【カクストンばん】

英国の活版印刷術の開祖カクストンWilliam Caxton〔1422ころ-1491〕の製作した活版印刷の図書。1473年ころ自らフランス語の小説を翻訳しブリュージュで刊行したのが,英語の最初の活字本。1476年ころロンドンにもどり印刷・出版所を置き,《チェス手引》(1476年),さし絵を入れた《世界の鏡》(1481年)など総数80点余を活字化した。チョーサーの《カンタベリー物語》(1478年ころ,1484年刊)はその代表作とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる