コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手引(き) テビキ

デジタル大辞泉の解説

て‐びき【手引(き)】

[名](スル)《古くは「てひき」とも》
人の手を引いて、助けたり導いたりすること。また、それをする人。「お年寄りを手引きして道を渡る」
案内すること。また、それをする人。「友人の手引きで名所を巡る」
情報を提供するなどして手助けすること。また、それをする人。「内部に手引きした者がいるらしい」
新たに始める人のために手ほどきをすること。また、そのための書物。「英会話の手引き
手で引くこと。手で引き出すこと。
「御車は中門の外より―にて入らせ給ふ」〈栄花・音楽〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

手引(き)の関連キーワードムハンマド・ナフチェバーニーワンストップ支援センターセールス・マニュアル京都御役所向大概覚書金融検査マニュアルカルパ・スートラヒイデスの導師ギャドペカドルサバッティーニマイモニデスミチューリン乙部 泉三郎ガイドブック古今和歌六帖亜欧堂田善乙部泉三郎地方凡例録扶桑名画伝松井今朝子ブリゲーラ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android